どうすれば良い?カラコンの基本的な流れ

装着から外すまで

カラコンに必要な手入れの道具まで揃えたら、実際にレンズをはめていきます。手を石鹸で洗い、水分のついていない状態にしておきます。保管ケースに入っているレンズを人差し指の腹に乗せ、表裏を確認したら、レンズを持っている手の中指で下瞼を広げ、もう片方の手で上まぶたを広げましょう。黒目全体が露出した状態になれば、レンズを優しく黒目のところに乗せます。はじめは安定しない事もありますが、数回瞬きをすればしっかりと安定してくれます。間にゴミが入ったり、違和感を感じたりした場合、一度外し、洗浄保存液で洗ってからもう一度行いましょう。

次にレンズを外す流れですが、まぶたを広げて目を開き、黒目に乗っているレンズを半分ほど下にずらします。レンズの乗っている部分が黒目と白目の半分ずつくらいになったら、親指と人差し指の腹で優しくつまみます。この時、爪で目やレンズを傷つけてしまわないように、あらかじめ短く切っておきましょう。両目のレンズを外したら、それぞれを一度保管ケースにおいておき、片方のレンズずつ洗浄保存液で洗っていきましょう。

手を不衛生にしていたり、爪を伸ばしていたりすると、目やレンズを傷つけてしまう原因になりますので、しっかりと準備してから行うようにしてください。