どうすれば良い?カラコンの基本的な流れ

注意点

カラコンを扱う時、いくつか注意しておきたいポイントがあります。適切に扱わなければ、目のトラブルを起こしてしまう原因になりますので、事前にチェックしておきましょう。まず、カラコンを扱う際には手を石鹸で綺麗に洗い、清潔にしておく必要があります。レンズに細菌がついてしまうと、そのまま目に付着するおそれがありますので気を付けましょう。

次に爪を短く切ります。これは、カラコンを脱着する際に、レンズに傷をつけたり、目に爪が当たって怪我をしてしまったりする恐れがありますので、必ず手入れをしておくようにしてください。

また、意外に見落としがちなのが水道水に関する事です。レンズを洗浄保存液で洗う際、多くは洗面所で行われる事となります。その際、先に手を洗っていると、水道水が手についたままレンズを触ってしまう事があります。これは注意しなければならないのですが、水道水がレンズに付着すると、レンズを変形させたり、アカントアメーバが付着する恐れがあるのです。アカントアメーバがレンズを通じて目につくと、アカントアメーバ角膜炎を起こす心配があり、これは症状が進行すると失明する恐れがある恐ろしい病気です。水道水はレンズにつかないように十分に注意しましょう。